億万長者脳/自分の基準値をどこに置けばいいのか?

ノンカテゴリ

億万長者脳/自分の基準値をどこに置けばいいのか?

◆「出来る」という言葉の基準

出来る基準ってなんだろう?と考えると間違わないで成し遂げられる。

これで間違いではないと思います。1+1=?これは完璧に式を見ただけで答えが2と出せます。

この絶対的な確信が、億万長者脳の基準の高さです。

よく、知ってるだけで出来ると言ってしまう人や何となく知っている事でも知っていると言っている人は私の周りにもたくさん目にします。

例えば玉子焼き1つにしても、フライパンに油をひいて、塩コショウなど味を入れた玉子を焼けば玉子焼きになりますが、これを出来る。基準にするのが普通の人です。

若い女性が、得意料理を玉子焼き!と言って、綺麗でもない、美味しそうでもない玉子焼きを作ったのをテレビで観たことがありますが、出来ると言えるレベルの出来ではありません。

こちらの玉子焼きと

出典 http://i0.wp.com

こちらの玉子焼きでは

出典 http://cdn-ak.f.st-hatena.com

どちらが綺麗で、美味しそうですか?

100%に近い人が二つ目の写真の方が美味しそうに見えたと思います。

この出来る基準を常に高くもつ、線上ではなく、点を基準にもっていかなくてはダメです。

3択クイズで答えが当たったではダメです。問題に対して考えなくても口からスラスラと答えが出てくる。

この状態がインプットしたという事になるアウトプットです。

億万長者脳は完璧にアウトプットが出来て始めて「出来る」「わかる」「知ってる」という【基準】になります。

最後までお読み頂いてありがとうございました。

1

関連記事

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ